検索

事業概要 採用情報 日本サイト グローバルサイト サイトマップ
シリコーン・トップ
よくある質問集インデックス

MSDSについて

撥水性と透湿性

剥離紙用シリコーン

地球環境と化学物質規制

食品とシリコーン

車とシリコーン

建築用シーリング材

化粧品とシリコーン

化学物質規制シリコーン

ミラブル型シリコーンゴム

プラスチック改質剤

シリコーンレジン

シリコーンの歴史など

シリコーンと難燃性

シリコーンとエマルジョン

カタログ単位について
    (電気的性質について)


カタログ単位について
    (液状シリコーンゴム)


カタログ単位について
    (シリコーンオイル)


オリゴ糖とオリゴマー

UVとシリコーン

UL規格とシリコーン

食品用器具および容器包装材

UVカットとUV硬化

加硫もどりとは

硬化阻害(加硫阻害)について

消泡と整泡

耐熱性と難燃性

離型性と接着性

消防法とシリコーン

Q&A 化粧品とシリコーン

Q 最近、化粧品にシリコーンが多く使われていますが、その理由は?

A シリコーンは生理的に極めて不活性で、また無色・無臭です。その上、シリコーンを化粧品に添加した場合、顕著な特性の向上がはかれます。滑り性の向上、撥水性や光沢の付与、サッパリ感の向上などです。

Q GE東芝シリコーンの化粧品に使用されている製品と、その用途分類は?

A まとめると、表のようになります。

製品名

用途

TSF
451

TSF
437

TSF
404

TSF
405

TSF
4045

TSF
4440

TSF
4460

TSF
4452

TSF
4600

TSF
484

TSE
200A

TSA
750

TSC
930

トスパール(注

頭髪用

シャンプー

 

 

 

 

リンス/コンディショナー

 

 

 

 

ヘアトリートメント

         

 

 

ヘアリキッド

         

       

セットローション

         

 

ヘアスプレー

 

   

ヘアムース

   

 

 

皮膚用

ハンドクリーム

           

 

 

 

スキンローション

                 

 

スキンクリーム

             

 

 

 

仕上用

ファンデーション

   

     

     

口紅

                       

リップクリーム

                       

アイシャドー

 

         

   

その他

制汗剤

 

         

   

サンタンローション

             

   

 

サンタンクリーム

             

   

 

シェービングクリーム

             

 

注)トスパ―ルを配合したファンデーション以外の化粧品の許可にはヒトパッチテストの資料を要求されることがあります。

Q 化粧品にシリコーンを使用する場合、どのような法規制を受けるのでしょうか?

A 化粧品は「薬事法」という法律で規制されています。これによると、化粧品を販売・授与(見本サンプルなど)の目的で製造、あるいは輸入するためには、厚生大臣の許可が必要となっています。これは日本特有の法規制です。この許可を得るためには、以下の4つのことが必要となります。

1.製造工場の構造設備などの物的要件が、適合していること。
2.申請者の人的要件が、適合していること。
3.製造工場に、資格要件を満足する責任技術者が置かれていること。
4.(品目ごとに)化粧品の許可(製造許可のこと)を受けるけているか、基準に適合した化粧品の届出(製造届)を行っていること(ホルモンを含有する化粧品は別に製造承認を得る必要があります)。

 質問の件は、「4」の項目により規制されることになります。
   このため、配合するシリコーンの組成および規格について届出を行い、許可を受けることが必要となります。
   すでに日本で使用前例のあるシリコーンについては、「化粧品原料基準」、「化粧品種別許可基準」、「汎用化粧品原料集(JCID)」などの原料基準・規格集に収載されており、その規格内の原料を使用すれば比較的簡単に許可が得られます。しかし日本で使用前例のない原料を使用する場合は許可取得が難しいものとなります。





シリコーン・トップ  |  よくある質問集  |  お問い合わせ  |  サイトマップ
個人情報保護方針  |  サイト表示の要件  |  法関連情報