検索

事業概要 採用情報 日本サイト グローバルサイト サイトマップ
シリコーン・トップ
よくある質問集インデックス

MSDSについて

撥水性と透湿性

剥離紙用シリコーン

地球環境と化学物質規制

食品とシリコーン

車とシリコーン

建築用シーリング材

化粧品とシリコーン

化学物質規制シリコーン

ミラブル型シリコーンゴム

プラスチック改質剤

シリコーンレジン

シリコーンの歴史など

シリコーンと難燃性

シリコーンとエマルジョン

カタログ単位について
    (電気的性質について)


カタログ単位について
    (液状シリコーンゴム)


カタログ単位について
    (シリコーンオイル)


オリゴ糖とオリゴマー

UVとシリコーン

UL規格とシリコーン

食品用器具および容器包装材

UVカットとUV硬化

加硫もどりとは

硬化阻害(加硫阻害)について

消泡と整泡

耐熱性と難燃性

離型性と接着性

消防法とシリコーン

Q&A シリコーンとエマルジョン

Q エマルジョンとはどういうものですか?

A エマルジョンは、乳濁液ともいわれ液中に混じりあわない他の液体が微細粒子となって、分散、浮遊している混合物をいいます。乳濁液の分散粒子の粒径の多くは、0.1〜10μm(1μm=10-6m)程度であり、可視光を乱反射しているため、牛乳のように白く濁っています。

Q エマルジョンはどのようにして作るのですか?

A 水と油の混合物を撹拌すると一時的に分散できますが、すぐに再び分離します。これに、微量の乳化剤を加えることにより、安定な混合物ができます。エマルジョンには、水の中に油を分散したO/W型、油の中に水を分散したW/O型があります。O/W型の例としては牛乳など、W/O型としてはマーガリンなどがあります。

Q 乳化剤はどのようなものです?

A 乳化剤とはエマルジョンを作るための添加剤のことをいい、その多くは界面活性剤を使用します。界面活性剤とは、分子の形で見ると、親水基、疎水基の性質の異なる2つの部分を持つ化学物質をいいます。この親水基、疎水基を変えることにより、水に溶けやすいもの、水に溶けにくいものなどをつくることができます。

Q エマルジョンの種類としてノニオン型、カチオン型、アニオン型がありますが、どういう意味ですか?

A エマルジョンに使用されている乳化剤により、ノニオン型(非イオン)、カチオン型(陽イオン)、アニオン(陰イオン)に分類されます。これらは用途により使い分けられます。

Q O/W型エマルジョンの構造はどうなっていますか?

A 油脂分が界面活性剤に囲まれ、水の中に浮いていると考えられます。

Q シリコーンエマルジョンが最近再び注目されている理由は何ですか?

A まず、一つめの理由は地球環境問題から有機溶剤の削減ということがあります。エマルジョンタイプは水系であるため、有機溶剤が大幅に削減できます。二つめの理由としてシリコーンを分散させるとき、エマルジョンを使用すると分散が容易になることがあげられます。この技術は化粧料などに応用されています。

Q シリコーンエマルジョンはどういう用途に使用されていますか?

A シリコーンエマルジョンは、化粧品用、繊維加工用、剥離紙用、消泡用、食品添加用など非常に幅広い分野にわたっています。





シリコーン・トップ  |  よくある質問集  |  お問い合わせ  |  サイトマップ
個人情報保護方針  |  サイト表示の要件  |  法関連情報