検索

事業概要 採用情報 日本サイト グローバルサイト サイトマップ
シリコーン・トップ
よくある質問集インデックス

MSDSについて

撥水性と透湿性

剥離紙用シリコーン

地球環境と化学物質規制

食品とシリコーン

車とシリコーン

建築用シーリング材

化粧品とシリコーン

化学物質規制シリコーン

ミラブル型シリコーンゴム

プラスチック改質剤

シリコーンレジン

シリコーンの歴史など

シリコーンと難燃性

シリコーンとエマルジョン

カタログ単位について
    (電気的性質について)


カタログ単位について
    (液状シリコーンゴム)


カタログ単位について
    (シリコーンオイル)


オリゴ糖とオリゴマー

UVとシリコーン

UL規格とシリコーン

食品用器具および容器包装材

UVカットとUV硬化

加硫もどりとは

硬化阻害(加硫阻害)について

消泡と整泡

耐熱性と難燃性

離型性と接着性

消防法とシリコーン

Q&A 剥離紙用シリコーン

Q 剥離紙用シリコーンはどのようなところに使われているのですか?

A 身近なものでは、オーディオ用のカセットやビデオテープ、粘着ラベルやシールなどです。剥離紙の用途は、その他にも沢山あります。主な用途を表にまとめてみます。

表1 剥離紙の主な用途

ラベルシール類

  • 計量ラベル用、ハンドラベル用、POS用、インデックスラベル、ビジネスフォーム、荷札用、一般シール用などの紙を表面材とする粘着製品など

  • 塩ビ、ポリエステル、合成紙などのフィルムを表面材とする粘着製品など

粘着テープ類

  • 包装用クラフト粘着テープ類

  • 両面粘着テープ

  • マスキングテープなど

壁紙・装飾材

  • 塩ビ、紙、布などの表面材とする粘着壁紙

  • 家具、建具類などの粘着装飾材

  • 粘着金属シート

  • 粘着化粧板など

建設資材

  • 粘着ビニルタイル

  • 粘着じゅうたん

  • 粘着遮光フィルム

  • 粘着反射シート

  • ゴム、アスファルトルーフィングなどの防水材料用

  • 各種のゴムシートパテ用

  • 自動車内装用

  • 発泡シート用

キャスティング工業

  • 塩ビ、ウレタンなどの合成皮革製造用

  • 各種フィルム類の製造用

  • 反射シートの製造用

  • 炭素繊維プリプレグ用

  • 感熱接着フィルム製造用

  • セラミックシート製造用など

食品工業

  • ベーキング紙トレイ

  • クッキングシート

  • まんじゅうの台紙

  • アメ、ガム、チョコレート類の製造・包装用など

その他

  • アスファルト類、各種ゴムの包装用

  • 各種成形品の製造

  • 転写印刷関連製品工程

  • 医療用バンソーコー用

  • ゴキブリ捕獲用など

Q 剥離紙用シリコーンについてもう少しわかりやすく説明して下さい。

A まず剥離紙の最も一般的な構造(断面)は、図のような3層構造になっています。
   剥離剤にはシリコーン系以外のものもありますが、剥離特性の面で、圧倒的にシリコーン系が多用されています。剥離剤層の厚みは0.5〜1.0μmで極めて薄くなっています。目止め剤は、基材である紙内部への剥離剤の浸み込みを防ぎ、少量の剥離剤で表面に十分な特性を与えることを目的としたものです。
   基材として紙以外にも、ポリプロピレンなどのプラスチックフィルムなども使用されます。
   よく目にする粘着ラベルは、このような剥離紙の上に粘着剤を塗り、それにラベルとなる紙などを貼り合わせます。それに文字などを印刷後、ラベルの形に打ち抜かれたものです。使用に際しては、粘着剤はラベル側に完全に付着した状態で剥離紙から容易に剥れます。これを可能にしているのが剥離紙用シリコーンなのです。

Q 剥離紙用シリコーンの最近の動向はどうですか?

A 無溶剤タイプの製品が注目されています。無溶剤タイプには、主に加熱硬化型とUV硬化型があります。弊社でラインアップしているUV硬化型製品は、エポキシ変性シリコーンをベースポリマーに用い、光カチオン触媒により硬化させます。この硬化方法は、硬化が速いこと、熱がかけられないフィルムにも使用できること、空気中の酸素による硬化阻害がないという特徴があります。
   無公害、安全という面から、欧米では無溶剤型のものが主流となっています。今後、日本でもその傾向が加速されるものと考えられます。





シリコーン・トップ  |  よくある質問集  |  お問い合わせ  |  サイトマップ
個人情報保護方針  |  サイト表示の要件  |  法関連情報