検索

事業概要 採用情報 日本サイト グローバルサイト サイトマップ
シリコーン・トップ
よくある質問集インデックス

MSDSについて

撥水性と透湿性

剥離紙用シリコーン

地球環境と化学物質規制

食品とシリコーン

車とシリコーン

建築用シーリング材

化粧品とシリコーン

化学物質規制シリコーン

ミラブル型シリコーンゴム

プラスチック改質剤

シリコーンレジン

シリコーンの歴史など

シリコーンと難燃性

シリコーンとエマルジョン

カタログ単位について
    (電気的性質について)


カタログ単位について
    (液状シリコーンゴム)


カタログ単位について
    (シリコーンオイル)


オリゴ糖とオリゴマー

UVとシリコーン

UL規格とシリコーン

食品用器具および容器包装材

UVカットとUV硬化

加硫もどりとは

硬化阻害(加硫阻害)について

消泡と整泡

耐熱性と難燃性

離型性と接着性

消防法とシリコーン

Q&A 離型性と接着性

Q シリコーンは離型剤として使われたり、シーリング材のように接着剤として利用されたりしますが、そのような相反する性質がシリコーンにあるのは?

A ●離型性について
   シリコーンは他の分子に比べて表面張力が低いことに特徴のひとつがあります。表面張力は分子どうしが引き合う結果生じる力で、表面積をなるべく小さくする方向に働くわけです。水は表面張力の高い代表例で水滴が球状になりやすいのはそのためです。 一方、シリコーンオイルはそれが低いので、薄くひろがる傾向が強いわけです。さて、表面張力が低いことは、仲間の分子を引きつける力が弱いことと同様に、他種の分子に対する引力も小さいことを意味します。シリコーンの 離型性が優れているのはこんなところに起因しているのです。
   離型シリコーンの種類は、シリコーンオイルを成分とした非架橋タイプが主流ですが、レジンやゴムのように架橋して皮膜を形成するタイプもあります。いずれも離型性には優れていますが、使い勝手の面で形態が異なってくるのです。なお、シリコーンが耐熱性に優れることや化学的、生理的に不活性であることも離型性として好ましい特長と言えるでしょう。

 ●接着性について
   さて、離型性と相反する接着性について考えてみましょう。
   シリコーンの接着性は離型性と違って、シリコーンがもともと備えている性質ではないのです。シリコーンは元来、他の物質に接着し難いわけでそのことは離型剤のところで理解していただけたと思います。では、接着シールなどに利用されるシーリング材が、被着体と接着するのはどうしてなのかについて考えてみましょう。まず、シーラントは@シラノール基(‐>Si―OH)のような活性点のあるシリコーンポリマーと、Aその活性点を利用してポリマーを架橋(硬化)させる架橋剤から成り立っています。シーリング材が硬化する際に、Aの成分はポリマーを硬化させると同時に被着体表面とも結合を作るわけです。このような機構で、シーリング材は接着性を発現するのです。なお、このような硬化の際接着性の発揮されるシリコーンでも、硬化した表面は優れた離型性を示すことはいうまでもありません。





シリコーン・トップ  |  よくある質問集  |  お問い合わせ  |  サイトマップ
個人情報保護方針  |  サイト表示の要件  |  法関連情報