検索

事業概要 採用情報 日本サイト グローバルサイト サイトマップ
シリコーン・トップ
よくある質問集インデックス

MSDSについて

撥水性と透湿性

剥離紙用シリコーン

地球環境と化学物質規制

食品とシリコーン

車とシリコーン

建築用シーリング材

化粧品とシリコーン

化学物質規制シリコーン

ミラブル型シリコーンゴム

プラスチック改質剤

シリコーンレジン

シリコーンの歴史など

シリコーンと難燃性

シリコーンとエマルジョン

カタログ単位について
    (電気的性質について)


カタログ単位について
    (液状シリコーンゴム)


カタログ単位について
    (シリコーンオイル)


オリゴ糖とオリゴマー

UVとシリコーン

UL規格とシリコーン

食品用器具および容器包装材

UVカットとUV硬化

加硫もどりとは

硬化阻害(加硫阻害)について

消泡と整泡

耐熱性と難燃性

離型性と接着性

消防法とシリコーン

Q&A 加硫もどりとは

Q シリコ−ンゴムの技術資料などで使われる“加硫もどり”という用語の意味は?

A これはゴム用語です。JISではそれを“加硫温度が高すぎたり、加硫時間が長すぎたりして加硫ゴムが再び柔らかくなる現象をいう”と定義しています。
   シリコーンゴム(ミラブル型シリコーンゴム、液状シリコーンゴム)の場合は、主に成形品が使用中に軟化してくる劣化現象を加硫もどりを起こすと呼んでいます。 リバージョン(Reversion)、解重合を起こす、などと表現する場合もあります。

Q その事例をいくつか挙げてみてください。

A 
   1)投光器用のパッキンは相当高温にさらされるのでシリコーンゴムが使用されています。このパッキンが部分的に軟化した例があります。
   2)電子炊飯ジャーの保温シール部にシリコーンゴムパッキンを固定させるため、接着剤としてTSE382を使用したところ、接着部がグリース状に軟化してしまったことがあります。なお、この部分は高温の水蒸気に触れ続けていたのです。

Q 加硫もどりのおこるメカニズムはどのように考えたらよいのでしょうか?

A シリコーンゴムはSi−O−Si結合からなる線状高分子を架橋させたゴム弾性体で、その架橋を形成させるのが加硫剤や硬化剤と呼ばれているものです。シリコーンゴムの劣化には硬さが増加あるいは低下する現象があります。前者は架橋数が増加、後者は主鎖や架橋部分の切断が起こった場合です。後者のケースが加硫もどりに相当するわけです。加硫剤や硬化剤の分解副生物などが湿気と協力してゴム分子を切断し、低分子化させるのがそのメカニズムといえそうです。

Q それらを防ぐ方法や注意事項などは?

A 事例からもわかるようにシリコーンゴムが密閉に近い、温度が高い、水蒸気に触れる、などの条件の重なった箇所で使用されると、加硫もどりは起こりやすくなります。そのような使用条件では次の点に注意をしてください。

1)シリコーンゴムの種類の選択
   付加反応型のシリコーンゴムやFINE TECHNOSEALANTなどは耐リバージョン性が優れています。

2)加硫剤の選定と後加硫条件の度合
   これはミラブル型シリコーンゴムにあてはまるのですが、加硫剤としてはTC‐1よりもTC‐8の方が良い結果が得られますし、後加硫を十分に行えば特性が相当改善されるのです。





シリコーン・トップ  |  よくある質問集  |  お問い合わせ  |  サイトマップ
個人情報保護方針  |  サイト表示の要件  |  法関連情報