検索

事業概要 採用情報 日本サイト グローバルサイト サイトマップ
シリコーン・トップ
新着情報

プレスリリース
テクニカルライブラリー

産業別シリコーンガイド

用途別シリコーンガイド

製品群説明
製品カタログ
よくある質問集
お問い合わせ
発注 & サンプル

オーダーセンター

小口見積・注文

サンプルリクエスト

シリコーンタウンページ

製品標準価格

出荷証明書発行依頼書
テクニカルウィザード
その他と注意事項

●その他建築用シリコーン

製品名

分類

概要

トスバリア

浸透型シラン系防水材

コンクリート、モルタルなどに防水層を形成、塩害、凍害による劣化を防止

トスコート

シリコーン塗膜防水材

ローラーなどで簡単に施工できる金属屋根、側面などの防水、耐候性を向上

バッファーボンドST

石貼接着工法用シリコーン弾性接着・コーティング材

石裏面に塗布することにより、変位、ずれなど吸収し、割れ、剥離を防ぐ

●取扱い上の注意事項

○弊社建築用シリコーン製品は、建築・土木用途向けに開発・製造されたものです。医療用その他特殊用途に使用される場合には、貴社にてその安全性を事前に、ご試験ご確認のうえご使用ください。なお、体内に埋植、注入する用途、または体内に一部が残留するおそれのある用途には絶対に使用しないでください。
○未硬化状態のシーラントは皮膚、粘膜を刺激しますので、目に入れたり、長時間皮膚に付着させたままにしないでください。もし誤って目に入った場合は、直ちに流水で15分以上洗い流し、医師の診断を受けてください。皮膚に付着した場合は、布または紙でふき取り、せっけんでよく洗浄してください。
○いずれのトスシールも硬化する際に、臭いのある副生物を発生しますので、作業時は換気を行ってください。
○プライマーは溶剤(危険物第4類)を含んでいますので、火気には十分にご注意ください。
○バックアップ材は、ポリエチレン製のものを使用してください。
○シーリング材がEPT,クロロプレン系のゴム製品と直接触れる場合は、ゴムに含まれる物質により、シーリング材に悪影響(変色、軟化、硬化阻害)を及ぼすものがありますので、ご注意ください。
○タイル、石、ホーロー、塗装パネルなどの外壁目地にシリコーンシーリング材をご使用の場合は、目地周辺に汚れが発生することがありますので、事前に防汚処理(汚れ防止剤)の検討、確認を行ってください。
○被着体に適したプライマーを必ず使用してください。
○マスキングテープ、バックアップ材、ボンドブレーカは、シリコーンシーリング材に悪影響しないものをご使用ください。
○トスシール63,83,803は紫外線により変色するため屋外でのシール材として使用することはお避けください。また、殺菌灯などの紫外線にさらされた場合も同様に、ホワイト、アイボリー、ライトアイボリーは黄変することがありますので、黄変の目立たないダークアイボリーをお使いください。
○硬化後のシーリング材は不燃性では、ありません。台所や風呂場などで炎の当たる場所には使用できません。
○塗料は、のらないので注意してください。
○取扱い時には、保護眼鏡および必要に応じて保護手袋を着用してください。
○直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所(25℃以下)に保存してください。
○子供の手の届かない所に保管してください。

 戻る        初めへ





シリコーン・トップ  |  よくある質問集  |  お問い合わせ  |  サイトマップ
個人情報保護方針  |  サイト表示の要件  |  法関連情報